HOME松村総合病院> 外科のご案内

松村総合病院 外科のご案内

医師のご紹介

常勤医師

平井 勝也Katsuya Hirai

東京慈恵会医科大学 昭和41年卒業
医学博士
松村総合病院名誉院長
松村総合病院外科診療部長

外来日

毎週 火曜日 午前中
毎週 水曜日 午前中
毎週 木曜日 午前中

詳細

専門領域

消化器外科、一般外科

学会専門医・資格

日本臨床外科学会 名誉会員
日本外科学会専門医、指導医、特別会員
日本麻酔学会認定標榜医
東京慈恵会医科大学客員教授

二村 浩史Hiroshi Nimura

東京慈恵会医科大学 昭和62年卒業
医学博士
元甲状腺専門病院 金地病院副院長
松村総合病院外科診療部長

外来日

毎週月曜日 午前中(診察10:00〜)
毎週火曜日 午前中
毎週金曜日 午前中

詳細

専門領域:

甲状腺外科内科、消化器外科、消化器内視鏡、一般外科

学会専門医・資格

日本甲状腺外科学会 評議員
日本臨床外科学会 評議員
日本臨床外科学会福島県支部 世話人
日本消化器内視鏡学会 学術評議員
日本消化器内視鏡学会東北支部 評議員
日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本甲状腺学会 専門医
日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本内分泌外科学会 登録認定医
日本温泉気候物理医学会 温泉療法医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医(講座医)
日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
TNT (total nutritional therapy) course修了
松村看護専門学校 講師

所属学会

日本外科学会
日本甲状腺学会
日本甲状腺外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本臨床外科学会
日本温泉気候物理医学会

自己紹介

 私は福岡県の筑豊炭鉱の町、田川市で昭和37年2月に生まれました。曽祖父から代々写真館を経営してましたが、近くの親戚にたまたま東京慈恵会医科大学(以下慈恵医大)昭和21年卒業の大好きな田舎医者がいて、彼の影響で医師を志し慈恵医大に入学しました。学生時代はラグビーに明け暮れていました。昭和62年に卒業し、体力に自信があったことと、当時治りづらくてやりがいのある癌の外科医になりたいと思い、外科に入局しました。慈恵医大外科在籍中は、もっぱら胃癌を専門とし、日本胃癌学会評議員、外科講師のときは胃癌チームのまとめ役として微力ながら若手の育成や博士論文のサポートに努めておりました。大学時代の主な仕事として、独自に赤外線腹腔鏡システムを用いた胃癌センチネルノードナビゲーション手術を開発しました。これは、早期の胃癌が転移する可能性のあるリンパ節を見つけ出してそこに転移があるかどうかを手術中に調べて、転移がなければ縮小手術をするという術後の胃の働きを残すためのすぐれた方法です。2004年にBritish Journal of Surgeryという医学雑誌に論文が掲載されました(Nimura H, et al. Infrared ray electronic endoscopy combined with indocyanine green injection of sentinel nodes of patients with gastric cancer. Br J Surg 2004;91:575-9.)。現在も慈恵医大外科オリジナルの先進医療の胃癌手術としてひき継がれています(慈恵医大外科のホームページに詳しく載っています)。いずれこの松村総合病院でもこういった先進医療が行えるように体制を整えていけたらと思っております。
 当院名誉院長の平井先生に出会ったのは、私が研修医のころでした。当時慈恵医大外科教授として主に胃癌・大腸直腸癌が専門でしたが、その卓越した手術手技に入局したての若手医師はため息をついていたものです。(平井先生は、平成17年第67回日本臨床外科学会総会会長を務め、「腹部大動脈周囲リンパ節郭清-Retromesenteric approach- 東京慈恵会医科大学外科学教授 平井勝也著 ブレーン出版 2004年初版」という素晴らしい外科手術手技の本を書かれています。)生涯一臨床医としての欲のない崇高な姿にも心酔し、あこがれの外科医でした。その平井先生から、平成20年3月に慈恵医大を退職する際にいわきで一緒にやらないかと誘っていただきました。しかし、甲状腺専門病院で働くことをすでに決めていましたので、そこで1年半甲状腺疾患について徹底的に研鑽させていただき、専門医を取得しました。当院へは平成22年1月に就職し、もともと消化器外科、消化器病、消化器内視鏡の専門医ですので、外科全般の他、おもに消化器外科・内科、内視鏡検査・処置、甲状腺外科・内科を中心に診療をしております。諸事情あって平成24年に1年間都内の病院に転勤しましたが、再度平成25年4月より当院外科に復帰しました。通常診療のほか、福島第一原発事故後の福島県県民健康管理調査「甲状腺検査」県内検査拠点病院として申請し、平成26年4月より福島県立医大からの依頼での甲状腺エコー検査も実施しております。奄美大島で医者をやることを夢みていましたが、いわきで甲状腺疾患にかかわることに運命的なものを感じ、腰を据えてやっていこうと思っております。
 私生活では、大のサンバ好きで浅草の老舗サンバチーム・バルバロスに20年間在籍して大太鼓をたたいていました。平成26年7月にいわき市初のサンバチーム・いわきベレーザを発足し、街なかコンサート、サンシャインマラソン応援サンバ、障害者ボランティアサンバ、中高生への音楽指導などを行っており、その活動を通じていわきをもっと元気にしていけたらと思っております。
 これからも一期一会の出会いを大切にしていきますので、どうぞ末永くよろしくお願いします。

いわきで働くようになって

 いわきで働くようになって、今年(平成31年)で早10年になります。ずっといわきにいるのではなく、8年くらいしたら無医村で働く夢をかなえるべく奄美大島へ行くつもりでした。現在慈恵医大ラグビー部の後輩が奄美大島の無医村で何でも診れる医者として大活躍しています。少し前になりますが、彼に「にむさん、奄美へはそろそろですか?」と聞かれました。「奄美だけじゃなくて、いわきも少なくとも甲状腺に関しては無医村だと思うし、原発事故のこともあるから、いわきにいることにしたよ」と話したのを思い出します。
 大震災、原発事故があって、いつしか外科系のみならず内科系の甲状腺疾患もしっかり勉強して自分がいわきを支えていかなくてはと勝手な自覚が芽生えていました。昨年内科系の日本甲状腺学会専門医の試験を受けて専門医になることができました。さらに、当施設が日本甲状腺学会認定専門医施設にも認定されました。現在いわき市での専門医は自分ひとりというのが現状です。甲状腺は勉強すればするほど奥が深くて、日々の診療でも実に興味深い領域だと感じます。まわりに指導者がいないので、甲状腺関係の学会や研究会には必ず出席して、毎回疑問に思うことを発表していろんな方からの意見を聞くようにしています(といっても自分もそろそろ還暦なので自分が指導者にならないといけないと思うのですが)。おかげで甲状腺にかかわってまだ12年程度ですが、恥ずかしくないような診療やいろんな先生方とも交流できるようになりました。当院でやれることは責任を持ってやり、やれないことは、福島県立医大病院や東京の大学の信頼できる先生に紹介して助けていただいております。
 最近いわきで開業されている先生方と知り合いになったり、常磐医学会などで話をして感じることがあります。いわき市の医療事情がかなり厳しいと医師会の方々がみな懸念していて、何とかよくしたいと真剣に考えていることがひしひしと伝わってきます。自分も少しずつ変わってきていて、自分のこととか今いる病院のこととかより、いわきの人たちの役に立てることをしていきたいと思うようになってきました。自分にできることの限界やいつまでやれるかなどありますが、このいわきに骨をうずめる覚悟でとりあえずは今精一杯やれることを納得できるようにやっていきたいと思っています。
 私生活では、江戸時代に思いをはせ、好きな時代小説を読むにつけ、現代の情報社会がうっとうしく感じ、SNSやラインなどとは無関係のアナログな生活をしています。いわきで立ち上げた本格的サンバチームも昨年退会して、もっと純粋にボランティアのみの活動をする「いわきサンバっぽい音楽隊ポイ」をたちあげて、音楽療法とまではいきませんが、いわきの施設の方と一緒に昔懐かしの歌を生演奏で歌ったり、一緒に楽器を演奏したり、東京の絵本の読み聞かせに生演奏で参加したりしています(写真はその時のポイのメンバーです)。
 自分ほど自分勝手でわがままなやつはいないなと思いますが、ありがたいことに周りに素敵な方にめぐまれており、仕事や私生活は充実しています。
 Give and giveの気持ちを忘れずにやっていきたいと思います。

非常勤医師

薄葉 輝之Teruyuki Usuba

東京慈恵会医科大学 平成6年卒業
医学博士
東京慈恵会医科大学外科学講座 講師
東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 診療医長

外来日

第4土曜日 午前中

専門領域

肝胆膵外科、消化器外科、一般外科

学会専門医・資格

日本臨床外科学会 評議員
日本肝胆膵外科学会 評議員
日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医

牛込 琢郎Takuro Ushigome

東京慈恵会医科大学 平成7年卒業
医学博士
東京慈恵会医科大学外科学講座 助教
東京慈恵会医科大学附属第三病院 診療医員

外来日

毎月第2・第4木曜日 午前中
毎月第5土曜日 午前中

専門領域

大腸肛門外科、消化器外科、一般外科

学会専門医・資格

日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
日本大腸肛門病学会 専門医

満山 喜宣Yoshinobu Mitsuyama

東京慈恵会医科大学 平成12年卒業
医学博士
総合高津中央病院 外科部長
東京慈恵会医科大学外科学講座 医局員

外来日

毎週水曜日 午前中
第2土曜日 午前中

専門領域

大腸肛門外科、消化器外科、一般外科

学会専門医・資格

日本外科学会 専門医

矢部 三男Mitsuo Yabe

東京慈恵会医科大学 平成12年卒業
東京慈恵会医科大学外科学講座 助教
東京慈恵会医科大学附属柏病院 診療医員

外来日

なし(第3土曜日 休日担当)

専門領域

呼吸器外科、一般外科

学会専門医・資格

日本外科学会 専門医
日本呼吸器外科学会・日本胸部外科学会専門医合同委員会 専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
日本がん治療認定医機構 認定医

谷田部 沙織Saori Yatabe

東京慈恵会医科大学 平成20年卒業
東京慈恵会医科大学外科学講座 助教
東京慈恵会医科大学附属病院 診療医員

外来日

第1土曜日 午前中(不定期)

専門領域

大腸肛門外科、消化器外科、一般外科

学会専門医・資格

日本外科学会 専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定医

武田 泰裕Yasuhiro Takeda

獨協医科大学 平成20年卒業
東京慈恵会医科大学外科学講座 助教
東京慈恵会医科大学附属病院 診療医員

外来日

毎週金曜日 午前中
第1土曜日 午前中(不定期)

専門領域

上部消化管外科、消化器外科、一般外科

学会専門医・資格

日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医

下山 雄也Yuya Shimoyama

東京慈恵会医科大学 平成24年卒業
東京慈恵会医科大学外科学講座 助教
東京慈恵会医科大学附属病院 診療医員

外来日

毎週火曜日 午前中

専門領域

大腸肛門外科、消化器外科、一般外科

学会専門医・資格

日本外科学会 専門医

 外来日はこちらもご参照ください。

診療科・外来表