HOME松村総合病院病院指標

平成28年度 松村総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 - - 13 33 52 117 248 344 351 110
  • 平成28年度に当院を退院された患者さんの年齢を10歳刻みで表示しています。
  • 年齢は入院日時点の年齢を基準として集計しております。
  • 該当する症例が10例に満たない場合は、「−(ハイフン)」表示としています。

 当院は救急輪番病院として、市内の救急患者さんの24時間受け入れを行っている地域密着型の病院です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード
  • 診療科別に症例数の多い上位5つのDPCコード※1の症例数、平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。
  • それぞれの診療科がどのような疾患を多く取り扱っているかを表しています。

※1 DPCコードとは

 「Diagnsis(診断) Procedure(行為) Combination(組み合わせ)」の略で、厚生労働省が定めるDPC支払制度の診断群分類コードのことをいいます。傷病名と入院中に行なった手術や処置、患者さんの状態によって分類し、14桁のDPCコードを決定します。
 当院ではこのDPCコードにより診療報酬の請求を行なっております。


平均在院日数(自院)について

 初回入院年月日から最終退院年月日までの延べ日数を表しています。

 当院は3つの病棟(急性期病棟・回復期リハビリテーション病棟※2・療養病棟※3)が各々機能分化し、患者さんの病状に応じて急性期〜回復期〜慢性期まで幅広い医療を提供し、又、理学療法士、作業療法士、言語療法士、社会福祉士、管理栄養士、退院調整部門等とチーム医療を提供し、在宅や社会復帰を目標に退院を支援をしております。そのため、全国平均在院日数よりも在院日数が長くなっています。

※2 回復期リハビリテーション病棟

急性期治療後、日常生活能力を高めるため、集中的なリハビリテーションを実施し、自宅や社会復帰を目的とした病棟

※3 療養病棟

症状は安定しているが家庭や施設に戻るには不安で、看護・介護及びリハビリテーションを継続して行い自立した生活を送れるよう支援する病棟


各指標に該当する症例が10例に満たない場合は、「−(ハイフン)」表示としています。

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 20.76 21.25 8.00 84.40 -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 21.50 17.95 0.00 83.92 -
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2なし 10 73.50 41.29 0.00 79.80 -
- - - - - - - -
- - - - - - - -

 高齢者の嚥下力低下や、脳卒中後遺症による誤嚥性肺炎が最も多くなっています。抗生剤による治療とともに嚥下障害に対する評価やリハビリ(摂食機能訓練)を実施しています。
 次に多いのは心不全の治療となっています。どちらも平均年齢80歳と後期高齢者の方が多いことがわかります。


 当院は3つの機能分化した病棟(急性期病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟)が、患者さんの病状に応じて、急性期〜回復期〜慢性期までの幅広い医療を提供しているため、全国平均在院日数よりも在院日数が長くなっています。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 28 4.50 7.89 0.00 64.93 -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 6.76 9.08 4.76 71.00 -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 2.40 7.44 0.00 72.27 -
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 12 5.08 6.59 0.00 55.50 -
060245xx99xxxx 内痔核 手術なし 11 2.09 4.90 0.00 71.82 -

 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なしは、大腸憩室出血と憩室炎の治療目的とした患者さんが上位を占めており、次いでヘルニアの記載のない腸閉塞、食道、胃、十二指腸、他腸の炎症となっています。
 当科の対象となる疾患は、消化器系(食道、胃、小腸、大腸、肝臓胆道、膵臓、消化管穿孔)の、良性および悪性疾患の手術や化学療法、成人の各種ヘルニアなど、多岐に渡る治療を行っています。患者さんの身体にやさしい腹腔鏡下の手術も行っており、近隣の医療機関からの紹介も多く、平均在院日数も全国平均より短い日数での入院期間となっています。


 当院は3つの機能分化した病棟(急性期病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟)が、患者さんの病状に応じて、急性期〜回復期〜慢性期までの幅広い医療を提供しているため、全国平均在院日数よりも在院日数が長くなっています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 19 5.11 5.49 0.00 64.84 -
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 17 55.00 27.63 17.65 79.06 -
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 11 24.64 20.57 9.09 77.45 -
- - - - - - - -
- - - - - - - -

 主に前腕骨折、股関節大腿近位骨折等、高齢者が転倒によって手術を必要とされた骨折の患者さんが多くを占めています。患者さんの多くが手術後の継続リハビリを目的として回復期リハビリ病棟へ移り、機能回復訓練を行ってから退院されています。また、他の急性期病院で初期治療を終えられた患者さんの受入れも積極的に行っており、患者さんの生活環境に合わせたリハビリを積極的に行い、在宅へ復帰されています。


 当院は3つの機能分化した病棟(急性期病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟)が、患者さんの病状に応じて、急性期〜回復期〜慢性期までの幅広い医療を提供しているため、全国平均在院日数よりも在院日数が長くなっています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 110.25 16.70 4.17 72.00 -
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 105.64 19.35 0.00 75.50 -
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 46.69 16.73 7.69 73.92 -
- - - - - - - -
- - - - - - - -

 主に急性期の脳血管疾患を対応しており、入院患者さんの多くは、脳梗塞をはじめ、脳内出血といった疾患が多くを占めています。急性期治療後は回復期リハビリテーション病棟で集中的リハビリを行い、在宅復帰、社会復帰を目標に全職種によるチーム医療で退院支援をしています。また、他の急性期病院で初期治療を終えられた患者さんの受入れも積極的に行っており、患者さんの生活環境に合わせたリハビリを行っています。


 当院は3つの機能分化した病棟(急性期病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟)が、患者さんの病状に応じて、急性期〜回復期〜慢性期までの幅広い医療を提供しているため、全国平均在院日数よりも在院日数が長くなっています。

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 23 60.26 16.54 0.00 72.22 -
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 55.45 18.76 0.00 74.09 -
- - - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -

 主に脳梗塞の入院が多くなっています。 入院後の治療は、主に脳保護療法としてエダラボン(活性酸素除去剤)の点滴注射を行い、脳梗塞による脳細胞の障害の軽減に努め、さらに理学療法士・作業療法士・言語療法士で早期からリハビリを開始し、運動機能障害、高次脳機能障害の回復に努めています。
 急性期治療後は回復期リハビリ病棟で在宅や社会復帰を目標に全職種によるチーム医療で退院を支援しています。
 また、他の急性期病院で初期治療を終えられた患者さんの受入れも積極的に行っており、患者さんの生活環境に合わせたリハビリを行っています。


 当院は3つの機能分化した病棟(急性期病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟)が、患者さんの病状に応じて、急性期〜回復期〜慢性期までの幅広い医療を提供しているため、全国平均在院日数よりも在院日数が長くなっています。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 6.08 7.44 0.00 79.83 -
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 10 19.10 13.39 0.00 69.70 -
- - - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -

 経尿道的手術による膀胱腫瘍・膀胱悪性腫瘍手術の入院が多く、次に前立腺悪性腫瘍手術での入院症例が上位となっています。重症化すると敗血症になる恐れがあるため、十分な安全管理と感染管理を行い、患者さんの術後や治療管理を行っています。


 当院は3つの機能分化した病棟(急性期病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟)が、患者さんの病状に応じて、急性期〜回復期〜慢性期までの幅広い医療を提供しているため、全国平均在院日数よりも在院日数が長くなっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 13 1 7
大腸癌 - 10 - - 18 19 1 7
乳癌 - 10 - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
  • 癌の5大癌と呼ばれる、胃癌・大腸癌・肺癌・肝癌・乳癌の病期症例数を集計しています。
  • 実患者数を集計しているので、集計期間内に同じ患者が複数回入院しても1件と数えます。
  • 初回治療を行った場合を「初発」とし、初回治療以降の継続治療を行った場合(他院にて初回治療を行った場合を含む)を「再発」として集計しています。
  • 病期分類はUICC病期分類※2(第7版)に基づいています。

※2 UICC病期分類

 国際対がん連合(UICC)によって定められた、原発巣(癌が最初に発生した場所にある病巣)の大きさと進展度(T)、所属リンパ節への転移状況(N)、遠隔転移の有無(M)の要素によって各癌を0期〜IV期の5病期(ステージ)に分類するもの。


 当院では5大癌の中でも、大腸癌、胃癌の割合が高くなっています。大腸癌、胃癌の治療は症例により内視鏡・腹腔鏡を用いた手術を行い、患者さんの体に負担がかからないように取り組んでいます。また、StageII期や再発の癌も多く、医師、化学療法認定看護師、薬剤師等がチームとなり、治療と副作用対策に取り組んでいます。
 なお、病期分類が不明となっている症例は、治療前の検査入院で退院されるまでに検査結果が出ていないため病期分類が出来ていないことなどが原因となっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 32 31.91 79.03
重症 - - -
超重症 - - -
不明/th> - - -
  • 15歳以上の肺炎について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しています。
  • 重症度は、成人市中肺炎※1診療ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)※2で分類しています。
  • 入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が「肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPC 040080相当)」で、インフルエンザ等、ウイルス性肺炎(DPC 040070相当)、誤嚥性肺炎(DPC 040081)は除外とします。また、市中肺炎が対象であるので、入院後発症の肺炎、一般病棟外からの転入、他院からの転院も除外とします。

※1 成人市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人が発症した肺炎のことをいいます。

※2 重症度分類システム(A-DROPシステム)

1 男性≧70歳、女性≧75歳
2 尿素窒素≧21 または脱水(+)
3 酸素飽和度≦90%
4 意識障害(肺炎に由来する)
5 収縮血圧≦90mmHG
軽症 1〜5のいずれも満たさない
中等度 1つまたは2つを有するもの
重症 3つを有するもの
超重症 4つまたは5つを有するもの、またはショック
不明 1〜5の項目のうち、1つでも不明であったもの

 市中肺炎の重症度は軽症、中等症、重症、超重症と分類されており、当院で患者数が最も多いのは中等症の患者さんとなっています。
 平均年齢を見ますと、約80歳と高齢になっており、高齢になるほど重症化する傾向にあります。平均在院日数も32日と長い入院期間となっています。

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 99 73.46 76.66 7.01
その他 58 113.12 75.55 1.91
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
  • 脳梗塞の病型別の患者さんについて、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。それぞれ、発症日から3日以内と、その他(発症日から4日目以降〜無症候性)に分けて記載しています。

 脳梗塞での入院は、発症して直ぐに入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の急性期脳梗塞が多くなっています。平均年齢は75歳と、高齢者の方が多くなっており、早期からリハビリテーションを行い、離床を進めています。入院期間は平均73日で、継続リハビリのために回復期リハビリ病棟へ転棟し、理学療法士、作業療法士、言語療法士、社会福祉士、管理栄養士、退院調整部門等とチーム医療を提供し、在宅や社会復帰を目標にしています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
  • 診療科別に手術件数の多い順に上位5術式について、症例数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
  • 手術術式の点数コード(Kコード)で集計しています。
  • 輸血関連(K920$)は除外しています。
  • 術前日数は入院日から手術日まで(手術当日は含まない)の日数、術後日数は手術日(手術当日は含まない)から最終的な退院日までとしています。
  • 転院は、最終的な退院が「転院」の場合となります。

各指標に該当する症例が10例に満たない場合は、「−(ハイフン)」表示としています。

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 27 44.70 187.33 3.70 82.26 -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 19 1.32 1.32 0.00 66.53 -
- - - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -

 中心静脈注射用植込型カテーテル設置術が最も多く、次いで、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)となっています。
 中心静脈注射用植込型カテーテル設置術は、平均年齢も高く、平均術後日数も長くなっています。
 これは、主に難病や悪性腫瘍の患者さんで、経口摂取困難などで栄養管理を必要とする患者さんに施し、療養病棟へ転棟し治療することで平均術後日数(入院期間)が長くなっています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 21 1.00 2.95 0.00 62.90 -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 13 1.31 1.85 0.00 64.69 -
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 12 0.92 3.17 0.00 55.50 -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 12 7.33 23.83 0.00 73.50 -
- - - - - - - -

 第1位は腹腔鏡下での鼠径ヘルニア手術で21症例でした。腹腔鏡手術は開腹手術と比較して患者さんへの負担が少なく、早期離床・早期退院ができるため、入院期間が短いことが特徴です。
 第2位は内視鏡下での大腸ポリープ切除の症例で13症例でした。
 第3位は乳腺悪性腫瘍手術・結腸切除術でそれぞれ12症例でした。当院では手術を目的とした乳癌や結腸癌の症例が多くなっています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 16 6.88 60.75 0.00 84.75- -
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 15 1.20 10.53 0.00 70.47 -
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 15 0.93 2.33 0.00 70.93 -
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 12 6.33 61.17 25.00 73.50 -
- - - - - - - -

 平均年齢から高齢者の骨折が多いことが分かります。
 上腕骨骨折や大腿骨骨折等に対して行う骨折観血的手術、人工骨頭挿入術が当院の上位症例となっています。
 手術後、回復期リハビリ病棟へ移り、理学療法士、作業療法士、言語療法士、社会福祉士、管理栄養士、退院調整部門等とチーム医療を提供し、在宅や社会復帰を目標に退院支援を行っており、集中的にリハビリを行うことで、大腿骨や下腿骨の平均術後日数(入院期間)は長くなっています。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 12 3.58 63.92 0.00 80.50 -
- - - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -

 慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術となっています。主に、外傷により硬膜下血腫ができた患者さんに対し行っております。
 手術後、回復期リハビリ病棟へ移り、理学療法士、作業療法士、言語療法士、社会福祉士、管理栄養士、退院調整部門等とチーム医療を提供し、在宅や社会復帰を目標に退院支援を行っており、集中的にリハビリを行うことで、平均術後日数(入院期間)は長くなっています。

神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 13 1.23 9.15 0.00 80.46 -
K843 前立腺悪性腫瘍手術 10 1.00 17.10 0.00 69.70 -
- - - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -

 膀胱癌、前立腺癌の手術症例が多くを占めています。
 膀胱癌による膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)が最も多く、次いで前立腺悪性腫瘍手術となっています。経尿道的手術は開腹による腫瘍切除手術に比べて患者さんの体への負担が少ない手術方法です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
  • 播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の患者数と発症率を集計しました。
  • DPC病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」に分類して集計しています。
  • 「同一」は、ある病気の診療目的で入院し、その病期の治療を行ったことを表し、「異なる」は、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、若しくは入院中に違う病気が発症したことによりその治療が主となった場合を表します。

 播種性血管内凝固症候群(DIC)は、感染症、悪性腫瘍等に合併することが多い疾患です。当院ではDICそのもので入院された患者さんはほとんどいませんが、何らかの原疾患で、その経過中にDICを合併された患者さんがほとんどです。敗血症、真菌感染症も、悪性腫瘍などの治療経過中に免疫不全状態から合併することが多い状態です。当院では、悪性腫瘍や高齢者の入院経過中の合併症が多くなっています。

更新履歴
2017/09/30
平成28年度病院指標を公開しました。
2016/09/30
各項目の解説を更新しました。
2016/09/20
平成27年度病院指標を公開しました。